羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

【スポンサーリンク】

トルコ*2018*トルコの治安について、追記

トルコの治安、パート2。よくガイドブックに書いてある事例について。羊なりに考察してみる。私は実際被害にあってないし、被害者を直接は知らないので、その立場から。

 

*チャイ事情

 私の行ったイスラム圏(トルコ・モロッコ)はチャイ文化、おもてなし文化の国。ホテルやお店や色々な時にチャイ(モロッコはミントティー)が出てくるのは普通、寧ろ無い方がビックリするレベル。ぶっちゃけ安いし、飲んだら買わなきゃいけない訳じゃないから飲んだらいい。

 

ただ、「睡眠薬強盗説」をガイドブックなどで目にする。自己責任として、不安ならお断りするしかない。多少申し訳ない気持ちにはなるが。。。

 

強盗説については絨毯事情にも書くとして、各自基準を作ったら良いかも知れない。私は女性一人旅が多いので、身の安全が確保出来ない時は断る。

  • ホテル→安心
  • 店→何人もスタッフがいるし、店の信用に関わるのでリスクは少ない。
  • 宅配チャイ→誰がいつ入れるのか。
  • 個人的おもてなし→自分の見る目。というか、男性宅にはまず行かない。

 

実は、一度だけチャイを捨てた事がある。モロッコでレストランに入ったら、そこのオーナーが街を案内してくれるという事でほいほい誘いに乗った(店がはっきりしてる場合、警察にかけこみ安いのでリスクは少ない)。誤算が自分が思ってたより遠出で、ついでにオーナーの買い物にも付き合った事。車で完全モロッコの居住区に連れてかれ、乗ってきた車のバッテリー交換を見ながら1時間待った。

待ち時間暇だからチャイをもらったが‥‥もし睡眠薬入りなら車でオーナーと2人きり、逃げようにもタクシー呼ばないと無理。。。誰も見てない隙に街路樹にあげた。

実際は、街が一望できる素敵な穴場に連れてってもらい、地元のスーパーにも立ち寄ってもらえた(どっちも車でないと無理)。いい人だったのに疑ってごめんなさい。。

 

 

 

*絨毯事情

今回のトルコで絨毯屋さんと偶然仲良くなり色々話が出来た。そこで言われたのが正論すぎてそのまま書く。

 

「考えてみて?もし、私があなたの鞄を盗んだとする。旅行者が持ってる現金って数万?クレジットカードの上限は50万くらい??

ここには数万〜数百万の絨毯が店いっぱいにあって、スタッフも雇ってる。すぐに店たたんで逃げれないよ?警察にいかれてすぐ捕まって終わりだよ。信用も無くなる。何のためにそんな事するの?全く得しないよ?」

確かに。でも事例として聞いたことある。

「たまにシーズンだけ開いてすぐ撤退する店があるよ。ああいうのは怪しいかもね、品も良くないし」

 なるほど。もちろん、短期営業の店が全て怪しいという訳ではない。

 

絨毯関連でもう一つ、値段について。

「日本人のお客さんは、損得で見る人が多いね。こっちが頑張って安く売っても、あとで別の店で「そんなの買ったの?うちならもっと安い」と言われて、騙されたって言う人。その店が買った絨毯見たならともかく、見てないのに批判するような店を信用してもね」

↓↓↓

ぼられてないかは、日本の定価に慣れているとまず思う事だと思う。ピンキリの絨毯はともかくバザールで買うくらいのものなら、宿の人に相場を聞いたらいい(特にタクシー料金)。

買い物は、資産運用じゃないんだから、欲しいと思ったものが自分が納得した値段で買えたならそれでいいのでは??

 

今回、ブルサで絨毯やタイルのお店に行った時、「絨毯をイスタンブールでもう買ったから」と伝えたら、「イスタンブールで買うと高いがブルサなら安い。このお客さん(シンガポール人)にいくらだったか教えてあげて」と言われた。イラッとして「内緒です。」と答えた。商売のダシに使われるのは癇にさわる。

 

 

 

*結婚詐欺

男性に女性が騙されてお金を取られる結婚詐欺の記事をみた。

 

トルコは男性が払う文化(年齢層による??)だけど‥‥日本みたいに「じゃあ割り勘」って言われない。私が払うって言っても「いやいや、僕が払うから。心配しないで」と食事はまずご馳走してくれてた。友達どころか初対面で。

 

男性として、女性にお金をたかるのは、プライドに関わるだろう。パスポート目的の方がよっぽどわかる気が。日土変わらず、犯罪者だから。一般人じゃない人に出会ってしまったんだろなぁ。。。

 

女性旅行者が仲良くなったトルコ人男性に奢ってもらってる反面、男性旅行者はトルコ人女性にご馳走してるんだろうか?そっちの話はまだ聞かない。

 

 

*治安、おまけ

2018現在、ブルーモスク前などちらほらマシンガンを持った警察?を見かける。私は3回目のトルコだが、今迄と比べて厳しくなったかどうかはわからない。マシンガンは正直見慣れてきてしまって。。

 

また、あちこちで検問が敷かれてる。友達と歩いていたら、検問でチェックが入った。友達はトルコの身分証を見せていた、携行を忘れると捕まるらしい。私はノーチェックだった。いいの?アジア人女性のテロリストもいるかも知れないじゃん!

 

トルコは徴兵義務有り。ここの検問で身分証を調べると徴兵に行ったかどうかわかるそうで‥‥

「徴兵から逃れる方法ってあるの?」

「逃げ続けるんだよ笑」

「‥そんな事出来るの?」

「実際する人いるよ。検問ですぐ行ったかどうかわかるから、捕まったら警察から引き渡しで徴兵になるよ」

 

‥‥凄い。

 

 

www.wanderingsheep7.xyz

 

【スポンサーリンク】