羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

【スポンサーリンク】

スロヴァキア*2018*ブラチスラヴァ〜デヴィーン城〜

ブラチスラヴァから郊外のデヴィーン城へ。バスで行けるそうなので、まずバス停へ向かう。

 

 

SNP橋の下からバスが出るが…写真の通り、バス停が分かれている。

f:id:wanderingsheep:20180410221720j:image

f:id:wanderingsheep:20180410221723j:image

歩き方では28番バスとなってたけど、ここはGoogleマップを信じて29番に乗ります笑

最初別のバス停で待ってて、「おかしいな〜来ないな〜」と思ってたら、乗り場が違った。最初に聞いた方に無視され、次に聞いた若いお兄ちゃんが親切に教えてくれた。

2018.4現在、デヴィーン城へのバス停は⑥番。道路沿いにある。チケットは、事前に券売機で買い、乗り込む。

 

 

 

↓↓

*デヴィーン城。

f:id:wanderingsheep:20180513163402j:image

バス停に行き方の案内あり。

f:id:wanderingsheep:20180513163420j:image

f:id:wanderingsheep:20180513163434j:image

デヴィーン城はチケット4€。入り口から先は広い公園のよう。遺跡や廃墟が点在している。

 

f:id:wanderingsheep:20180513163630j:image

f:id:wanderingsheep:20180513163642j:image

f:id:wanderingsheep:20180513163649j:image

f:id:wanderingsheep:20180513163832j:image

f:id:wanderingsheep:20180513163849j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164003j:image

一部工事中で立ち入り禁止…

 

f:id:wanderingsheep:20180513163712j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164449j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164511j:image

川の向こうはオーストリア。川を挟んで国境があるというのは、島国日本からしたら、凄く不思議な感じがする。

…国境越え、超簡単じゃん。スロヴァキアもオーストリアもEUなので、越えても犯罪にならないが。

 

f:id:wanderingsheep:20180513164647j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164650j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164718j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164744j:image

城に井戸が必ずあるのは世界共通。

f:id:wanderingsheep:20180513164759j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164824j:image

確か教会跡地。

f:id:wanderingsheep:20180513164830j:image

f:id:wanderingsheep:20180513164856j:image

ここは、1809年にフランス軍に攻め落とされた。以後廃城。周りはど田舎で、当時どのようだったかは想像できない。

 

 

 

↓↓↓

城内(廃城)をうろうろしていたら、アジア系の青年に話しかけられた。

「どこから来たの?」

「日本〜。あなたは?」

「僕はデンマーク

デンマーク?外見がどう見てもモンゴロイドだったから。その後、同じ方向に帰るというので、一緒に話す。親はアジア人だが、彼自身はデンマークで生まれ育ったそうで…先入観はダメだな。

 

仕事を辞めてバックパッカーをしていると話すと、

コペンハーゲンにも来てください。夏頃なら、スカンディナヴィアを周遊するいい季節です」と、おすすめされた。

北欧かぁ…考えてなかったが、いいかも知れない。LINEやってると言うと、その場でダウンロードして交換してくれた。

 

私の英語が拙いのを悟り、スマホに日本語キーボードを入れて、google翻訳出来るようにしてくれた。

好意に若干引いたが、もし北欧に行くなら、また話したいと思う。

 

 

明日はハンガリーだ🐏

【スポンサーリンク】