羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

【スポンサーリンク】

ギリシャ*2018*シミ島〜海水浴〜

ギリシャやトルコの地中海沿岸では5月でも泳げる。

 

ギリシャやトルコのリゾート地では、日本のような、ビニールシート持参で自由に泳ぐスタイルは少ないようだ。

大概ベンチ1台いくらで貸し出しで、レストランやホテルのビーチになっている。代わりにドリンクから料理まで何でも自分の席に注文できる。

 

…なら、コインロッカーまで完備して欲しいと思う。注文すると言う事は…クレジットなり財布なり持ってきてるから。

 

 

↓前日の散歩時に見つけたビーチ。確か5€くらいでベンチを借りたと思う。

f:id:wanderingsheep:20180615004140j:image

まだシーズン始まりなので、客は少ない。水は凄く綺麗だが、やはりまだ冷たい…。1時間程泳いだら、ベンチでだらだら日光浴をした。


f:id:wanderingsheep:20180615004149j:image

昼食のムサッカとパン。

 

このプライベートビーチ達…日本みたいに監視員はいない。溺れた時に助けてくれる保証もない…。泳ぎは得意だが、安全第一。無理はしない。

レストランなどでおすすめのビーチを聞いて回った。「ロードス島の南とか、シミでも、人のいないビーチを探せば裸で泳げるよ笑」と言われた…銀魂⁉︎男性で泳ぎが得意ならやってたかも知れないが…誰もいない海で1人裸で泳ぐ…色んな意味で危なくないか?

 

 

いい感じに髪が乾いた所で、ビーチから出て散歩した。
f:id:wanderingsheep:20180615004128j:image

慰霊碑。


f:id:wanderingsheep:20180615004155j:image
f:id:wanderingsheep:20180615004120j:image

このパステルカラーの街並みと青空が素敵。都会より適度な田舎の方が、心から癒される。

 

IT業界のトップには、毎日同じ服を着る方が何人かいる。以前読んだインタビューで「決定する事柄を減らす為」とあった。自分で選択し決定するには労力が必要で、少しでも無駄を削り、ビジネスにエネルギーを回すと。

そう言う意味でも田舎はいいかも。飲食店も数が限られるから迷わないし、ショッピングモールも無く、土産物屋くらい。夜遊び出来る所もない。

 

実はトルコでかなり疲れて…ロードス島に来た最初は毎日泣いていた。泣いて溜め込んだモヤモヤとストレスを外に出したくて。

ただ散歩して、海と空を眺めて、夜になったら寝る。それを続けてかなり回復した。ネット回線を切るか、携帯をホテルに置いたらもっと効果的だ笑

 

 

 

*Tholos Restaurant

昨日に続き2回目。色々探すより、一度気に入ったら通いつめる派。
f:id:wanderingsheep:20180615004134j:image

よく分からず頼んだが…からすみ??ねっとり不思議な味。


f:id:wanderingsheep:20180615004113j:image

シーフードサラダ。かなりボリュームがあったので、これで夕食が終了。

 

 

 

明日はロードス島に帰る。次、機会があれば、ギリシャの島を順に巡ってみたい🐏🌙

【スポンサーリンク】