羊の世界放浪譚

海外旅行にはまり、バックパッカーからスペインワーホリへ。女子一人旅から語学まで時々更新❤︎

【スポンサーリンク】

トルコ*2018*ケメル 〜アンタルヤ近郊のビーチリゾートまとめ〜

ケメル には、アンタルヤからフェリーかバスで行ける。フェリーの方が早いから私はフェリーで行った。が、後日私にアンタルヤを進めたトルコ人から…

「緑が綺麗だったでしょ?」

「緑?山の事?」

「違う違う。アンタルヤからバスで行くとグリーンラインを通るんだよ。自然がいっぱいで癒されるよ」

「先に言ってよ!往復フェリーで行っちゃったよ!」

「だってまさかフェリーで行くとは思わないし…」

と言う訳で、私は通ってないがバスがおすすめだそうです。。。

 

 

 

↓↓

ケメルでも、直接ホテルに出向いて現地調達した。不安要素が一つあったので、どうしてもホテルの場所を見て決めたかった。

 

ケメル 注意点

宿泊場所要注意‼︎ナイトクラブどころか、ホテルのプールで夜に爆音をかける所が多い。盛り上がりたいならその手のホテルへ。逆に寝たいなら、郊外で周りが静かな所を選ぶ事!

不安ならとりあえず1泊して、無理ならホテルを変える。ハイシーズンでない限り可能。

 

ロードス島は静かだったなぁ…ロードスと言う田舎の島だからなのか…国民性なのか…。

 

 

 

また、このトルコの南、特にアンタルヤには、ロシアや北欧からの日光を求めた旅行客が多い。ので、街中で通じる言語がトルコ語>ロシア語>英語に変わる。まず困る事はないが、街中の客引がイスタンブールの「你好!」から「Здравствуйте! 」に変わるので面白い。ただ…你好はわかるが、どう見てもロシア語が話せそうな外見ではないのに笑。

 

 

 

↓↓↓

ケメル でもただただのんびり過ごした。街中の景色や料理も、ぶっちゃけ同じトルコ国内なので全く珍しくない。

 

 

2日目にようやく泳ぎに行った。ケメル のフェリー乗り場すぐ横に総合施設があって、レストランもビーチもナイトクラブもある。

ホテルでおすすめされたレストランにおとなしく向かう(各ベンチはレストラン所有)ここもベンチを1日貸し切る形式。

f:id:wanderingsheep:20180617045749j:image

唯一海は、ロードス島よりケメル がおすすめ!ロードスやシミは小石の海岸で急に深くなる…ケメル は砂浜の海岸で少しずつ深くなっていくし、海も凄く綺麗!

水中ゴーグルを買ってきてのんびり泳いだ。1回ダイビングを習おうかなぁ…泳ぎは得意だが、潜った事はない。透明度が高いので、海底が綺麗に見える。結構深いのにすぐ側に見えるので凄い違和感。素敵…ダイビングにハマる人の気持ちがわかる。

 

 

 

 

↓↓↓

翌日。特にやることも無いので、山登りに行った。ロープウェイで登るビュースポットもあるが、時間が決まってるのと面倒(ツアーの客引きが)なので、ホテルから歩いていける山に登った。
f:id:wanderingsheep:20180617045737j:image
f:id:wanderingsheep:20180617045731j:image
人気が無いようで、ちらほら観光客がいる。


f:id:wanderingsheep:20180617045722j:image

蠍が死んでる🦂!トルコって蠍がいるの⁉︎

 

* Idyros

特に遺跡がある訳ではないが、ケメル 全体が見渡せるビュースポット。
f:id:wanderingsheep:20180617045745j:image
f:id:wanderingsheep:20180617045753j:image

歩いた甲斐があった。初、トルコで登山。


f:id:wanderingsheep:20180617045713j:image

登ったら降る。下から見上げると高く感じるが、意外にすぐ登れた。

 

 

ビーチリゾートに来てもほぼ泳いでない。が、心と身体を休めるのが目的なので、十分果たせたと思う🐏🏖

【スポンサーリンク】